ショッピング枠の現金化について

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する方法です。 - クレジットカード現金化は自己破産できない

クレジットカード現金化は自己破産できない

クレジットカードの現金化を繰り返して、借金を大きくしてしまった場合、自己破産することができません。カード会社が一方的に不利になってしまうため、裁判所で「免責不許可」と見なされます。結局自己破産ができず、借金が残ったままになってしまいます。

自己破産の申し立てを行っても、裁判所で免責不許可と見なされる

ギャンブルなどと同じで、クレジットカードのショッピング枠を現金化し続けて借金に溺れてしまった人は、自己破産ができません。申し立てをしても裁判所で免責不許可事由と見なされてしまします。

債権者が一方的に不利にならないための免責不許可事由

基本的に借金が返せなくなった人は弁護士などに相談して自己破産の申し立てをすることができます。自己破産すれば信用情報に傷が付きますが、とりあえず借金を返す必要がなくなります。

けれども借金をする側に問題があり、債権者が一方的に不利になってしまう場合は免責不許可事由に該当し、自己破産ができません。クレジットカードのショッピング枠現金化もこれに当てはまります。

カード会社の目を盗んで利用規約に違反する行為であるクレジットカードの現金化で自己破産を認めてしまうと、カード会社が不利になってしまいます。そのためショッピング枠を使って現金を手に入れることを繰り返した人は免責不許可事由になるわけです。

自己破産ができなければ借金が残ってしまう

自己破産ができない場合、借金が残ったままになってしまいます。いつまでも返さなければなりません。信用情報にも傷がついているので、ローンなども組めなくなります。そのまま借金地獄に陥ってしまいます。

カード会社の目を盗んで利用規約に違反する行為であるクレジットカードの現金化は、自己破産ができなくなる借金です。

関連する記事