ショッピング枠の現金化について

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する方法です。 - 裁判所で嘘を突き通すと自己破産できる

裁判所で嘘を突き通すと自己破産できる

クレジットカードの現金化を繰り返した場合、世間一般では自己破産はできないと思われています。基本的にはできません。けれども裁判所での質疑で嘘を突き通せば申し立てが認められる可能性もあります。

基本的には「免責不許可事由」に該当する

基本的にクレジットカードのショッピング枠を現金に換えることは、自己破産を申し立てる際「免責不許可事由」に該当します。そうなると自己破産はできません。お金を返し続けなければならなくなります。

裁判所もカード会社だけが不利になってしまうことを防ぐ判決を出さなければなりません。そのため、自己管理の問題でした借金であるショッピング枠の現金化は自己破産ができないということになっています。

けれども裁判所で嘘を突き通せば自己破産できる場合も?!

けれども裁判所では「本当にクレジットカードのショッピング枠を現金に換えたのか」ということを突き止められません。カードの利用履歴で質疑されますが、この際に「現金化が目的ではない」と言い切ってしまえばごまかすことができます。

業者などを使ってキャッシュバックしてもらった場合にも、怪しまれるかもしれませんが嘘を突き通すことは可能です。本当は転売目的で購入した金券などの履歴も「転売目的ではない」と言い切ってしまいましょう。また、弁護士も商売をしているのであなたを守るように働いてくれます。

クレジットカードの現金化はカード会社から見たら「詐欺」

ショッピング枠を現金に換えても嘘を突き通せば自己破産ができます。けれどもカード会社を騙す行為であることには間違いありません。カードの利用規約には現金化を禁止する旨が書かれています。

現金化の問題点は違法かどうかというよりも、カードの利用規約に違反し、カード会社に迷惑をかけるという点にあります。

クレジットカードの現金化はカード会社を騙す行為であり、基本的には自己破産が認められません。けれどもうまく嘘を突き通せば認められる可能性もあります。

関連する記事