ショッピング枠の現金化について

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する方法です。 - 自己破産を申し立てる際の「裁量免責」について

自己破産を申し立てる際の「裁量免責」について

基本的にはショッピング枠の現金化を繰り返すと自己破産ができなくなります。「免責不許可事由」に該当し、自己破産が認められません。けれども例外的に認められる場合があります。借金をした側に同情すべき点が挙げられる場合「裁量免責」ということで自己破産ができるかもしれません。

ショッピング枠の現金化は基本的に自己破産が認められない

ショッピング枠の現金化を繰り返して返しきれないほどの借金を作った場合、カード会社が一方的に不利にならないよう裁判所では自己破産が認められません。返しきれない借金を抱えたままになってしまいます。

けれども例外的に認められるケースもある

クレジットカードの現金化はカード会社を騙す行為です。けれども中にはそれを知らずに行ってしまった、悪意のない人もいるかと思います。その場合「裁量免責」ということで自己破産が認められる場合もあります。

「裁量免責」と見なされるためには、同情すべき要素があることが重要になってきます。「自分には同情してもらうべき事情があります」ということを主張することで自己破産ができます。

弁護士も仕事なのであなたを守ってくれる

弁護士もあなたのことを守ってくれるでしょう。仕事なので、自己破産ができるように一緒に裁量免責を受けられるよう主張する内容を考えてくれます。どんな小さなことでもいいので、「同情してもらえそうなこと」を申立書に書くようにします。「裁量免責」として自己破産が認められるかもしれません。

基本的にはクレジットカードの現金化は自己破産ができません。けれども同情すべき点があれば「裁量免責」ということで自己破産ができることもあります。弁護士も徹底的にあなたを守ろうとしてくれるので、諦めないようにしましょう。

関連する記事